hirschmann/technologies_power-over-ethernet-IEEE802.3af


インダストリアル
イーサネット スイッチ
アン・マネージド スイッチ
 SPIDERスイッチ
 SPIDER Poeスイッチ
 SPIDER PoE
 インジェクター
ライト マネージドスイッチ
RED25ファースト
イーサネット スイッチ
コンパクト
マネージドスイッチ
マネージドRSPスイッチ
 RSPスイッチ
 RSPS-Smartスイッチ

 RSPL-Liteスイッチ

 RSPE-Expandableスイ
 ッチ
WGスイッチ MACH100
エンベッデッド
イーサネット モジュール
モジュラー
インダストリスッチ
ワイヤレス LAN
セルラー ルータ
強化型 DINレールスイッチ
19'強化型スイッチ
防水型 IP67/IP54スイッチ
システム アクセサリー
ファイアーウォール
システム
バックボーン スイッチ
ソフトウェア
プラットフォーム
リモート
アクセス ソリューション
 
マネージメント
ソフトウェア
インダストリアル HiVision
 
テクノロジー
プ」レシジョン
タイム プロトコール(PTPv2)
パラレル  リダンダンシー
プロトコール(PRP)
ハイ・アベイラビリティー
シムレス リダンダンシー
プロトコール(HSR)
パワー・オーバー
イーサネット(PoE)
クリアー スペース®
ワイヤレス
エンベッデッド
イーサネット テクノロジー

 

Power over Ethernet-IEEE 802.3af

インダストリアル ネットワークへの設置は、重要でオートメーション分野で話題を着々と広げています。オフィス ネットワークでも一度行われたのと同様、イーサネット ネットワーキングはインダストリーへと進み、Profibus等の既存のスタンダードの置換えを順調に進めています。今では多数の会社で、インダストリアル イーサネットの名の下でネットワーキング ソリューションを提供しています。これらは小さなエントリー レベル スイッチからモジュラー ギガビット スイッチそしてワイヤレス LAN(WLAN)アクセスポイントに至るまでの範囲を提供しています。
ネットワーク データ転送と電力を同時にサポートするIEEE 802.3afでは、設置コストの削減 およびより柔軟なネットワーキング設備が紹介されました。これは独立したデータ用ネットワーク ケーブル、電源ライン および 電話(VoIP)の代わりに全てがシングル LANケーブルで搬送できるものです。多くのオフィスではiP電話機 および PoE機能を持ったアクセスポイン等の機器をうまく使うことに成功しています。星形ネットワーク構造のオフィス ネットワークと異なりインダストリアル アプリケーションでは通常リニア アレンジメントを使います。インダストリアル用途のパワー・オーバー・イーサネット(PoE)は、PoEスタンダードに述べられている"ポイント-ポイント接続のみ"により幾分制限されています。

PoEの基本原則

IEEE 802.3afの下で標準化されたパワー・オーバー・イーサネット(PoE)設備は、ネットワーク計画、ケーブル敷設 および 設置のコストを減らすために開発されました。機器はデータラインを通して直接給電(例えばCAT5/5eケーブル経由で最大100mの距離まで)されます。PoEは、ネットワーク計画 および 独立したスイッチ キャビネット および パワーソースを柔軟にし、電源 および 電話ネットワーク(VoIP)の追加の出費を倹約します。パワー・オーバー・イーサネットのの主な利点は、不必要な電源ケーブルに表され、だからイーサネット インターフェイスを持つ機器をアクセスできない場所 またはエクストラ ケーブルが邪魔になる場所でさえ設置できます。これは設置コストを大幅に削減することだけでなく無停電電源装置(UPS)のオペレーションを容易にし接続された機器の信頼性を改善します。PoEは主にIP電話機、カメラ および WLAN または ブルートゥース のアクセスポイント等ワイヤレス 転送機器に代表される低消費電力デバイスに使われていますが、これはネットワークの信頼性を高めるためにスイッチのリダンダント電源装置の準備としても使うことも出来ます。例えば、スイッチの電源装置が故障したとして、このときPoE電源により動作が続けられればネットワークの可用性は著しく増加します。PoEは4線 または 8線ネットワークで使うことができます。4線ネットワークはファントム パワーで使うことのみできますが、8線ネットワークはファントム および スペア-ペア パワーの両方で使うことが出来ます。パワー・オーバー・イーサネットはIEEE (02.3af基準に」より標準化され規定されていますが、これは二つのグループに分割されています。

1. パワー・オーバー・イーサネット PSE(power sourcing equipment):このタイプのデバイス ファンクションは、パワー ソース として PoE PDデバイスにデータラインを経由して電源供給します。

2. パワー・オーバー・イーサネット PD(powered device):このタイプのデバイスは、PoE PSEデバイスからデータラインを経由して電源を供給され電源を消費します。 

    ホワイトペーパー-Power over Ethernet
    IEEE 802.3af(Download 719KB)

 

IP 67 インダストリアル スイッチ-PoE
OCTOPUS IP 67
- 世界で最初のIP 67 PoE 接続ソリュイーション
 -->製品カタログへ

ハイライト

新しいPRP(Parallel Redundancy Protocol) および HSR(High-availability Seamless Redundancy)プロトコールは、二つほとんど一緒に開発された方式で、ネットワーク接続の可用性 および 信頼性を極めて高くします。

 Hirschmann™社スイッチは、
 シームレスなリダンダンシーを
 サポートします


製品概要

インダストリアル イーサネット


eカタログ

Hirschmann™社製品ライン


ダウンロード センター

ソフトウェア & マニュアル
(eカタログ)


Hirschmann™社 ニュース

Hirschmann™社インダストリアル
イーサネット ニュース



Copyright © 2015 Nippon Digital Corporation. All right reserved.