タッチパネル コントローラ(EETI)

抵抗方式タッチ テクノロジーは、透明ガラス上にハードコートされた導電性ITOを2層重ね合わせ、2層を格子状に重ね合わせた一定間隔のドットを構成しその抵抗値で位置検出する -->詳細

投影型静電容量方式(PCAP)タッチパネルはX ,Y 軸用に ITO コーティングがあること以外表面型静電容量方式タッチパネルと同じです。PCAPなら表面上にカバーを置くことも可能 -->詳細

表面型静電容量(SCAP)タッチテクノロジーは、ガラス基板上にセンサーとして導電膜を塗布し電荷を各軸の4隅より印加しスクリーンにタッチしたとき、スクリーン上の電位差を検出 -->詳細

赤外線方式タッチテクノロジーは、CRT等のX-Y軸に沿って赤外線ライト・エミッティング・ダイオード(LED)と赤外線レシーバを配置した赤外線の応用をタッチパネルに適応した -->詳細

弾性表面波方式は、タッチパネルのX、Y 軸上に配置されたトランスデューサとリフレクターより成ります。トランスデューサは信号を超音波に変換しリフレクタへと放出し反射を検出 -->詳細

 

NDC日本ディジタル株式会社

  • 〒143-0022
    東京都大田区東馬込2-19-11 
    電話 03-3771-8091
    FAX 03-3771-8244
  • お問い合わせはお電話かこちらから
    フリーダイアル 0120-08-1553